沿革

ホーム > 会社情報 > 沿革

ここから本文です。

1946年(昭和21年)4月 大阪府東大阪市に貝原合金鋳造所を創業
1948年(昭和23年)11月 株式会社貝原合金鋳造所とする
1963年(昭和38年)2月 日本国有鉄道より橋梁用ベアリングプレートに関し認可を受ける(認可番号 38-63)
1963年(昭和38年)10月 遠心鋳造機を設置する
1966年(昭和41年)6月 事業の拡大に従い貝原合金株式会社と改称する
1967年(昭和42年)11月 優良中小企業として中小企業庁長官賞を受ける
1970年(昭和45年)10月 奈良県大和郡山市(現在地)に工場を新設し操業を開始する
1976年(昭和51年)11月 分光分析装置を導入し品質管理を充実する
1985年(昭和60年)7月 高周波誘導炉を導入する
1988年(昭和63年)11月 熱処理炉を導入する
1990年(平成2年)7月 株式会社カイバラと改称する
1992年(平成4年)4月 三次元測定機を導入する
1996年(平成8年)11月 生産管理改善のコンサルタントを受けKPS活動を開始する
2001年(平成13年)2月 ISO9001認証取得
2003年(平成15年)4月 中国蘇州高新区に貝原合金(蘇州)有限公司を創立
2003年(平成15年)5月 新たな事業展開を踏まえてKRP活動を開始する
2004年(平成16年)2月 ISO14001認証取得
2004年(平成16年)9月 中国にて貝原合金(蘇州)有限公司が稼動する
2005年(平成17年)11月 五面加工機(門型マシニングセンタ)を導入する
2005年(平成17年)11月 最新型発光分析装置に更新
2007年(平成19年)6月 ロータリードライヤを導入
2011年(平成23年)8月 事務所棟を改修し、オフィスの省エネ化を実現
2013年(平成25年)1月 貝原合金(蘇州)有限公司の鋳鉄鋳物工場が稼働
2013年(平成25年)10月 マスターCAMを導入
2013年(平成25年)11月 プラズマ・イオン注入成膜装置を導入
2014年(平成26年)5月 航空機部品の加工を開始する
2016年(平成28年)1月 JISQ9100認証取得
2016年(平成28年)9月 隣接地を購入し、西工場を新設する
2016年(平成28年)12月 5軸マシニングセンタ・FMS・大型三次元測定機を導入