鋳造

ホーム > 生産体制 > 鋳造

ここから本文です。

3種の鋳造プロセスと特殊プロセスで、あらゆるニーズを実現する「素材製造」

鋳造とは、溶かした金属を製造したい物の型に流しこみ、それを冷やし固めて金属製品を作る製法のことです。カイバラでは連続鋳造、横型・竪型遠心鋳造、砂型鋳造など様々な鋳造プロセスを揃えています。そのため、数グラムから数トンまでのあらゆる材質や形状の素材を鋳造できます。また豊富な経験から得た高度な技術により最適なプロセスを選定して、小ロット品から量産品まで短納期で対応します。

鋳造の種類

連続鋳造

溶かした金属を連続的に流し込み製造する鋳造方法です。この製造方法では丸棒、パイプ、角材など様々な形状の素材を連続的に成形できます。生産性が高いので、大量生産に適した鋳造方法です。

遠心鋳造

溶かした金属を高速で回転する金型に流し込み、遠心力で中空円筒の鋳物を製造する鋳造方法です。ブッシュ、ウォームホイル、ナット、シールリングなどパイプ形状の製作に適しています。小ロット品に使われることが多いです。

砂型鋳造

砂を固めて作った砂型に溶かした金属を流し込む鋳造方法で複雑な形状の鋳物を生産できます。変わった形状、小ロット品に適しています。

 

熱処理、精密型鍛造

特に強度や精度がさらに要求される場合は、熱処理や精密鍛造工程を取り入れ、より高品質の製品を提供します。