海外生産拠点

ホーム > 海外生産拠点

ここから本文です。

中国工場〔貝原合金(蘇州)有限公司〕
日本で積み上げたノウハウを貝原合金より提供します

貝原合金では日本で積み上げた鋳造・加工技術を礎に、鋳鉄製品や鋼材製品など提供可能なアイテムの拡大を実現しています。
例えば日本で賄えないほどの大量ロットでも、中国工場が製造をバックアップします。
また近年では、中国をはじめとして海外拠点を持つ企業も多く、現地の直接取引、直接納品も積極的に行っておりますので、高品質を保ちつつ、コスト削減も可能です。

現在、貝原合金では鋳鉄鋳物鋳造、銅合金鋳物鋳造、鋳鉄鋳物・銅合金鋳物加工ラインを持ち、鋳鉄と銅合金の材料から精密機械加工までの一貫生産を行っています。日本と中国の2つの生産拠点は、同レベルの技術力、製造能力、品質管理により信頼性の高い製品とサービスを提供します。

中国工場の製造能力

1.鋳鉄鋳物鋳造部門

日本製の新東 FCMXIII水平成形ラインを持ち、主に1〜40Kgの球状黒鉛鋳鉄とねずみ鋳鉄を生産しています。
(枠寸法700x600x250/250mm)

2.非鉄金属鋳造部門

銅合金連続鋳造設備と遠心鋳造設備を持ち、 φ1000以下の高強度・高耐摩耗銅合金材の製作が可能です。

3.加工部門

NC旋盤、立型MC、横型MC、ラップ盤、ギア成形機、平面研削盤、NCホーニングマシン、ブローチングマシン、内外円筒研削盤、高圧洗浄装置と他の数値制御装置を持ち、 φ2000以下の様々な複雑な部品の製造が可能です。

4.品質保証

発光分析機、金属顕微鏡、引張試験機、超音波検査装置、三次元測定機、真円度測定機、全自動画像検出装置、形状および表面粗さ測定機などの検査設備を備えています。

中国工場の取り扱い製品

油圧機器、自動車、サーボモーター、ロボットなどの様々な分野の製品を製造しています。